債務整理のデメリット

1.借り入れができません
債務整理には多少のデメリットも起こりえます。
一度利用してしまうとクレジットカードの使用を含めて、借り入れをすることができなくなるのです。
要は、お金を借りることができない事態になり、キャッシュだけで買い物をすることになるのです。
これは非常に大変なことです。

私は複数の消費者金融からお金を貸してもらっていましたが、返済することができなくなり、債務整理をしました。
債務整理にも様々な方法があって、私に行ったのは自己破産という方法だったのです。
一旦自己破産すると借金がなくなり、負担が軽減されました。
再和解というものが債務整理にはございます。
再和解とは、任意整理の後に、再度にわたり交渉して和解することなのです。
これは出来るパターンと不可能な時がありますので、出来るか否かは弁護士に相談した上で決めてください。
債務整理をした事実に関する記録は、かなりの間、残ります。
この情報が保持されている期間は、新たな借金ができないでしょう。
情報は何年か経てば消えることになっていますが、それまでは見ようと思えば誰でも見られる状態で残されています。

2.個人再生は費用が高い
個人再生には複数のデメリットが存在します。
一番は高額であるということで、減額した以上に弁護士に支払う費用が上回ったなんて事例もあります。
しかも、この方法は手続きが長い期間となるため、減額になるまでにたくさんの時間を要することが多いのです。
任意整理を行ったとしても、デメリットなんてあまりないと思われる方もいると思いますが、実際はあることを知っておられますでしょうか。
それは官報に掲載されてしまうことです。
つまりは、みんなに知られてしまう可能性があるということになります。
それが任意整理の一番大きなデメリットだといったことになるのかもしれません。
借金の額が多くなり、もう自分の力での返済は難しい場合に、債務整理をします。
借金の額が多く返せなくなってしまった人は弁護士事務所や司法書士事務所に行って相談しましょう。
そして、手続きを経て裁判所で弁護士と債権者、裁判官で話し合いを持ちます。
月々の返済可能額などを検討し、その後、毎月いくら返済するかが決まるのです。
自己破産をする折、身の回りのものや生活を建て直すための微々たる費用の他は、全てなくすことになります。
自宅、土地などの資産以外に、ローン返済中の自動車も手放すことが必要です。
しかし、他人が支払いを行い続ける事に、債権者がいいと言えばローンを返済するのと同時に所有も許されるようになります。
個人再生とは債務整理の一つで借金を減らしてその後の返済を楽にするといったものです。
これを行うことによりほとんどの人の生活が苦しさが軽減されているという現実があります。
昔、私もこの債務整理をしたことにより助かりました。

3.結婚に影響がある
債務整理をした場合、結婚をする際に影響があるのではないかと思っている方がいますが、債務整理なしに、多額の借金を抱えているほうが問題です。
債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、マイホームを建てたい場合、債務整理を行った後、7年間は住宅ローンが組めない事です。
7年以上の間あけるとローンが組めます。