カード払いが向いている人と、そうでない人

クレジットカードが普及し始めてから、かなりの年月になります。最初、カードをつくるときは、ツケで買い物をしている感覚がありましたが、日常的に使い慣れてくると、それが「あたりまえ」になるので、ちょっと怖いと思うこともあります。

まず、カードでの買い物は、支払を先延ばしにするだけで、いずれは支払う必要があるとの認識が大切です。むしろ、それまでの「空白期間」の過ごし方が難しいかもしれません。

また、カード払いを認識するためには、月ごとの明細をきちんと把握することが大切で、それによって不正使用の早期発見にもつながります。もちろん、決済日前日までには口座残高を確保しておくことはいうまでもありません。

ところで、カード払いは向いている人と、そうでない人とがいます。結論からいうと、カードを「打ち出の小槌」だと思っている人は、持たないほうが本人のためにもなります。これは、専用カードでATMから借入できるカードローンでも同じ、いや、それ以上に注意する必要がありますので、金銭感覚がない人にはNGです。

おまとめローンで即日は、どこ?