金融ブラックになったら借り入れすることは不可能か

カードローンの審査の目的は、申込者が確実に借りたお金を返済することが出来るのか見極める為に行ないます。その為、審査で重視されるポイントは大きく分けて2つあります。

1つ目は、本人の申告をもとにした現在の生活状況を確認します。2つ目は、信用情報機関から見たその人の信用度になります。金融ブラックとは、金融事故情報のことなので、仮に情報機関に記載されていると信用度が低くなってしまいます。 インターネットなどを見ていると「ブラックでもOK」という様な広告を出している業者がいます。また、電柱などにもチラシが張ってあったりしてブラックOKなどとある業者の場合は、結論から言いますと、この様な業者からお金を借り入れすることは確かに出来ます。
そのような、金融ブラックに貸し出しをしている金融業者というところは、過去に金融事故を起こしたことがある人が対象になりますので、闇金融業者は甘い誘惑で付け込んで来ます。この様な業者からお金を借り入れしてしまうと、法外な金利を請求されたり強引かつ無理な取り立てといった返済時のトラブルにつながる恐れがあります。調査によりますと、借入金の金利が年利200%から300%などというとんでもない金利を要求されますので絶対に手を出さないようにしましょう。お金を借り入れする前よりかえって経済的に追い込まれてしまう可能性がありますので絶対に利用はしないでください。
金融ブラックとは一定の期間が経過すれば金融事故情報が信用機関から削除されますので、仮に金融ブラックになってしまっている人は、削除される時まで待ってから正規の貸金業者から融資を受ける事をおすすめします。闇金に手を出さないようにしましょう。
楽天銀行スーパーローンでキャッシング/楽天カードの審査と借入れ限度額