金融のブラックリストとはどのようものでしょうか

金融ブラックとは、信用情報機関に金融事故情報が記載されている人の事を言います。信用情報とは、金銭契約に必要な個人の社会的信用に関するデータをまとめたものです。 金融ブラックとは、主にキャッシングなど過去の借り入れ歴が情報源になります。金融事故情報は、一生記録が残ってしまうと思い込んでいる方もいるかと思いますが、一定の年数を経過すると最終的には事故情報は削除されますから心配はいりません。もし、削除されているはずの事故情報が載っていればそれは間違いですから、訂正を求めることが出来ます。

金融事故の種類によって、削除される期間が違ってきます。
借入金返済の延滞の場合(記録年数:1~5年) は、借り入れ金の返済期限までに返済を行なわないことを指します。特に61日以上や3回目の支払日を超えると重い延滞として扱われます。任意整理をしますと記録年数は5年くらいとなります。任意整理とは、借金の返済が厳しい方の代理人(弁護士など)が賃金業者と交渉して毎月無理の無い金額に分割して返済しやすくすることです。
自己破産した場合は記録年数は5~10年となります。自己破産とは、裁判所に破産申立書を提出して免責許可というものをもらい、すべての借金をゼロにするという手続きのことです。
このような情報は、カードローンの審査項目の、どこの金融会社でも基本的には変わりません。審査する目的というのはどこの業者も同じことになります。特に金融ブラックとは、金融事故情報のことなので審査では重要な確認項目になります。
キャッシングカードは三井住友銀行グループのモビット/口コミと評判