Archive for the ‘カードローン’ Category

金融のブラックリストとはどのようものでしょうか

金融ブラックとは、信用情報機関に金融事故情報が記載されている人の事を言います。信用情報とは、金銭契約に必要な個人の社会的信用に関するデータをまとめたものです。 金融ブラックとは、主にキャッシングなど過去の借り入れ歴が情報源になります。金融事故情報は、一生記録が残ってしまうと思い込んでいる方もいるかと思いますが、一定の年数を経過すると最終的には事故情報は削除されますから心配はいりません。もし、削除されているはずの事故情報が載っていればそれは間違いですから、訂正を求めることが出来ます。 Read the rest of this entry »

ローンの即日利用が出来るネットキャッシングが便利

この頃は、インターネットからのキャッシング申し込みが便利にできるようになり、お金を借りる時に利用する人が増加しています。
ネットキャッシングのメリットは、ネットからの受付は24時間365日可能なことです。
深夜でも、年末年始でも、いつでも必要な時にキャッシングの手続きができます。 Read the rest of this entry »

借り入れ可能かどうか調べる

最低の借り入れ条件、年齢とか、定期収入など、がクリアーできる人でも自分が申し込みをして審査が通るか心配ですよね。
どこのキャッシング会社のホームページでも「借りれ診断」というコーナーがあります。生年月日、現在の年収、他からの借入状況などの簡単な項目を入力するだけで、融資をしてくれるのかどうかの結果がわかります。 Read the rest of this entry »

映画逆転裁判には思い入れはあるのだが

登場人物の変な名前や髪型、妙なコスプレ大会のような衣装がどうしてそうなのかは納得したが、こちらはそういうゲームとの類似、再現性がどうのこうのということには関心がないので、そういったものを全部引き算して、純粋に犯罪・裁判物の映画として見るしかないわけだ。俳優たちの大袈裟なアクション、随所にばら撒かれているそれほど面白いとも思えないコネタ(裁判の傍聴人が全員でずっこけたりするシーンをはじめとして)などはゲームから引き継いでいるものだろうし、目をつぶるしかない。あれを本当に笑わせようとしてやっているのなら三池監督のセンス古すぎ。あれは監督のゲーマーに対するサービスだろう。
三池監督のいいところというか特徴は、恐らく来るものは拒まずという姿勢でどんどん映画を撮るところであり、またそれだけの依頼が来るのだから、やはり製作者も彼に任せておけばある程度大丈夫という気持があるのだろう。そしてまあどの作品にも彼らしい「ケレン味」があるわけで、こちらはそれだけを楽しみにして見るわけだ。 生活費が足りない…
今回はその期待はそれほど叶えられなかったというところが本当のところ。法廷劇として一応の結構は整えられてはいたが、ちょっと全体に急ぎすぎの感があり、じっくりとした面白さに達していなかった。